堀場radiでの測定記録


by radi-sokutei

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
札幌
小山
宮崎
未分類

以前の記事

2012年 04月
2011年 12月
2011年 11月
more...

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

その2
at 2012-04-16 01:24
宮崎での放射線量測定のまとめ..
at 2012-04-13 03:08
日向サンパーク
at 2012-04-11 19:44
大御神社周辺
at 2012-04-09 04:21
美々津
at 2012-04-05 03:37

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

西都市での計測

西都市での計測。
西都原古墳群。
計測日:2012.04.04(水)
単位はすべて、μSv/h。
HORIBA PA-1000 Radi使用。


芝生の上。0.042
b0237273_2573492.jpg


上から10m程度離れた芝生のくぼみ。吹き寄せられた土や葉っぱ、花びらなどが集まっている。0.040μSv/h。
b0237273_2581645.jpg



アスファルトの上。0.075。
b0237273_315534.jpg


上から1mほど離れた側溝の脇にたまった砂。0.068
b0237273_324019.jpg




※アスファルトの上は高めの数値が出る。

周囲で芝生の上を測ったがほぼ同じ数値。
[PR]
# by radi-sokutei | 2012-04-05 03:11 | 宮崎

東北新幹線 車内放射線量

2011.12.03の東北新幹線車内で放射線量の計測をしました。

堀場radi使用です。
10秒毎に表示されるデータを記録し、1分間ごとの平均値をグラフ化しました。



※グラフをクリックすると、拡大します。


小山→仙台
b0237273_2393768.png



仙台→小山
b0237273_2395480.png

[PR]
# by radi-sokutei | 2011-12-06 02:42 | 小山

思川河川敷 石ノ上河川広場

小山市内の思川河川敷、石ノ上河川広場を測定しました。
測定日:2011年11月21日(月) 11時ころ

グーグルマップ→ 



堤防の上から見た石ノ上河川広場。
写真右手が上流、左手が下流。

台風12号の雨で、一度この広場は完全に水没している。
そのため、地表が洗い流されていると考えられる。
全体の構造は外周をアスファルト通路で囲まれ、中央部分にある通路で、芝生が大きく2区画に分けられている。


次の写真はこの矢印方向で撮影。
矢印のあたりに中央部分の通路がある。

なお、矢印より手前の手前(下流側)の芝生部分の方が地面が低くなっており、土日に降った雨がまだ水たまりになっている。
写真1.
b0237273_039505.jpg


写真左手の芝生は盛り土してあるようでアスファルト面から10センチほど高くなっている。
右側の芝生はアスファルトとほぼ同じ高さ。

写真2.
b0237273_040569.jpg


上の写真の1の地点の放射線量。
地上0m0.098μSv/h
(以下単位は省略)

写真3.
b0237273_0192124.jpg


地上1m:0.101

写真4.
b0237273_0193743.jpg


※地上1mの線量の方がなぜか高い。


上の写真2.の2の地点
地上0cm:0.214

写真5.
b0237273_0123088.jpg




写真2.地点1より手前側の芝生。
地上0cm:0.095

写真6.
b0237273_0132515.jpg



地上1m:0.084

写真7.
b0237273_0134420.jpg



写真2.のアスファルト道路の手前の広場。
地上0m:0.095

写真8.
b0237273_0141545.jpg



地上1m:0.084

写真9.
b0237273_014381.jpg




・以上からわかること。

(1)周囲よりもくぼんでいて水たまりも残る芝生部分の放射線量は地上0cmで0.214。
  アスファルト通路より盛り上がっていて高さのある隣の区画の芝生の、地上0cmで0.098に比べると2倍以上数値が高い。

(2)アスファルトの通路部分より盛り上がって高くなっている芝生と、アスファルト上はほぼ同じような放射線量。



・考察

(1)台風による増水のために大規模に洗い流されたこの河川敷では、わずかに低くなっている部分に放射性物質が集積している。
地面にあった放射性物質が水で流され、低い部分にたまったのではないか。

(2)写真2.の1の地点の放射線量が地表よりも地上1mの方が高いのは、少し離れた0.214の芝生の影響を受けているのかもしれない。




なお、この0.214の芝生。
前の週末は消防団の式典会場になっていて、子どもたちの器楽合奏なども行われていた。
写真10.
b0237273_015029.jpg



おまけ 

手書きのイメージ図です。(クリックすると拡大します。)
b0237273_1565032.jpg

[PR]
# by radi-sokutei | 2011-11-23 00:17 | 小山

大通公園、時計台、札幌駅での測定

札幌市内の有名どころの放射線量を測定してみました。


1.大通公園2丁目。
地上1m。芝生の上。
0.057μSv/h(以下、単位は省略)
b0237273_3173173.jpg


2.大通公園。
芝生の上直置き。
0.039
b0237273_3201931.jpg


--------------------
なぜか地上の方が低い。
念のため、もう一度測定するが同じ傾向。
--------------------

3.芝生の上1m。
0.050
b0237273_3214176.jpg





4.場所を変えて、札幌駅前。
駅前の歩道の上、1m。
0.072
b0237273_3232162.jpg



5.近くの植え込みの上。
0.058
b0237273_3241430.jpg


--------------------
※札幌駅の方が線量は高めの傾向だが、やはり地表よりも地上1mの方が線量が高い。
--------------------
なお、大通りも札幌駅周辺もビルが多いが、札幌駅は新しく、1999~2003にかけて開業したのが現在の駅舎。
大通り公園は、老舗デパートが近くにある。これは1975年築。
--------------------


6.札幌時計台(札幌農学校演武場)敷地内の草の上。
0.054
b0237273_3291491.jpg


7.時計台の軒下の砂利の上。
0.065
b0237273_330344.jpg


b0237273_3305346.jpg


--------------------
※ここでも軒下の線量が高いことがわかる。
--------------------



8.時計台敷地内、石注横。
0.073
b0237273_3464721.jpg


--------------------
※この石柱?に線量計を近づけると明らかに線量が跳ね上がった。おそらく石の性質によるものであろう。
--------------------




--------------------
札幌市内では、ビル街においては地表よりも地上の放射線量が高い傾向がある。
なお、住宅地では、地表の方が高い。

参照
札幌市内の住宅地での測定

--------------------
[PR]
# by radi-sokutei | 2011-11-09 03:20 | 札幌

札幌市内の住宅地での測定

札幌市内で測定しました。

------------------
測定日:2011年11月4日(金) 晴れ
場所:札幌市中央区
------------------


1.庭の枯れた花の上。直置き。
0.039マイクロシーベルト/時(以下単位は省略)
b0237273_164497.jpg



2.空き地の草の上、1m。
草刈りはされていない場所。3月時点は雪が残っていた可能性がある。
0.041
b0237273_294165.jpg



3.上と同じ空き地の草の上、直置き。
0.046
b0237273_2102621.jpg


4.同じ空き地、落ち葉が吹き溜まったところ。直置き。
0.042
b0237273_2241631.jpg



5.空き地、落ち葉吹き溜まり横、露出した土の上。直置き。
0.056
b0237273_225594.jpg



6.アスファルト道路上の落葉の山。直置き。
0.061
b0237273_216671.jpg


7.上の落ち葉の山の横のアスファルト。直置き。
0.054
b0237273_2172476.jpg


-----------------------
※落ち葉について
・アスファルト上の落ち葉の方が高かったが、アスファルト自体の放射線を拾っている可能性がある。
・空き地の落ち葉に関しては、地面そのものよりも落ち葉の方が低い。
(北海道で広葉樹の葉が出るのは4月以降なので、直接2011年3月の汚染の影響は受けていないだろう。)
-----------------------


8.庭の吹き溜まり。ブロックの仕切りの横に、落ち葉と泥が集まっている場所。直置き。
0.053
b0237273_2183479.jpg


9.イチゴ畑。上の写真の横1mほどの地点。直置き。
0.042
b0237273_220845.jpg


10.軒下の側溝の中。直置き。
0.066
b0237273_2271243.jpg


11.軒下の側溝のすぐ脇の砂利の上。直置き。
0.062
b0237273_244250.jpg



12.軒下の側溝から50cmほど離れた場所。側溝よりも50cmほど高くなっている。イチゴの上直置き。
0.061
b0237273_2461059.jpg


13.軒下。12.のイチゴの横のコンクリートの土留めの上。
0.056
b0237273_2293373.jpg


14.上の一連の写真の側溝の下流近くの草の上。軒下の雨だれの落ちるところからは外れた場所。
0.041
b0237273_232683.jpg


15.軒下側溝の水の流れ落ちる先、道路の側溝の格子の蓋の上。
0.052
b0237273_2333860.jpg



-----------------------
※軒下について
北海道の家は、積雪があるので一般的に雨どいはない。
(雨どいのような構造は屋根雪の重さに耐えられないし、パイプは凍結して破損する。)
ただ、この家は軒下に雨水を流す側溝があったので、そこを計測すると、周りに比べると放射線量が高い。
側溝だけではなく、雨が落ちる部分である側溝の周辺の軒下も数値が高い。
軒下から外れた草の上は、急に線量が低くなる。
ただし、コンクリートの影響を受けている可能性も否定できない。
-----------------------


16.道路アスファルト上。斜面になっている。
0.056
b0237273_2565547.jpg



17.軒下アスファルト。うっすらとコケが生えている。
写真16.から2mほどの地点。
0.068
b0237273_2581149.jpg



18.上の17.写真より斜面の下の地点にある側溝の蓋の上。
0.069
b0237273_31304.jpg



-----------------------
雨水の落ちるところ、流れていく先は、相対的に放射線量が高い。これは、少ない量ではあるものの、福島第一原発事故由来の放射性物質が札幌にも落ちていることを意味するのだろうか。
-----------------------


19.庭の土の上1m。
0.036
b0237273_345842.jpg


20.庭の土の上。手入れの行き届いた場所。
0.040
b0237273_351732.jpg




-----------------------
※放射線量の違いを見ると、大雑把だが、以下のようになる。
軒下・側溝>アスファルト>落ち葉>吹き溜まり>空き地の草の上>手入れされた土の上
なお、屋外の1m地点の線量が0.036~0.045程度なのに、家の中のテーブル上においたときの数値は、0.06を超えていた。
栃木県小山市の室内の線量と同じで、それが不思議だった。これは、違う家の中でも同じ傾向が出た。
どうやら、これは普段0.06~0.07μSv/hの自宅と、0.1近い外で過ごしている私自身がすでにセシウムを帯びた放射線源なのかもしれない。
-----------------------
[PR]
# by radi-sokutei | 2011-11-09 01:09 | 札幌