堀場radiでの測定記録


by radi-sokutei

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
札幌
小山
宮崎
未分類

以前の記事

2012年 04月
2011年 12月
2011年 11月
more...

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

その2
at 2012-04-16 01:24
宮崎での放射線量測定のまとめ..
at 2012-04-13 03:08
日向サンパーク
at 2012-04-11 19:44
大御神社周辺
at 2012-04-09 04:21
美々津
at 2012-04-05 03:37

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

宮崎での放射線量測定のまとめ(1)

日向市を中心とした測定についてのレポートです。


今回は、以下について調べることを目的として計測を行いました。



1.測定の目的
(1)福島第一原発由来の放射性物質による汚染があるか否か。
(2)草地・岩場などによる放射線量の違い

(2)に関しては、計測を行っていると、ちょっとした場所の違いで線量が明らかに変わることがあり、どのようなものが影響しているのかを知りたかったために調査しました。




2.測定の方法
測定機器:HORIBA PA-1000 Radi
基本的に、地面に直置きで測定。
一箇所につき1分程度様子を見て、数値の落ち着いたところで記録。
水のたまる箇所、吹きだまりなどのセシウムが集まりやすい箇所と、近くにあるそれ以外の箇所を比較測定。
また、草地、アスファルト、岩盤など違う箇所を測定。




3.測定箇所
日向市内




4.測定結果


a.サンパーク日向(2012.04.02測定)

・公園内アスファルト通路上。0.085。
b0237273_133327100.jpg


・公園内アスファルト通路上のふきだまり。0.085μSv/h。(以下単位は省略)
b0237273_13335321.jpg



・公園内滑り台近くの芝生。0.065。
b0237273_13344699.jpg


・公園内滑り台下の芝生。0.065。
b0237273_1335284.jpg



※吹きだまりでの線量の上昇は見られない。
※アスファルト上の線量の方が高い。


b.日知屋城跡近辺(2012.04.02測定)

<海に面した岩場>

・岩の上。0.127。
b0237273_13235210.jpg


・岩の間にたまった黒い土。0.144.
b0237273_13251958.jpg



<鵜戸神社>…海に面した洞窟の中に小さな神社がある。
高い位置を通る遊歩道から、岩場につけられた階段を下りて神社に向かう道がつけられています。

・神社のある洞窟すぐ横の岩の側面にあてて測定。0.192。
b0237273_0201219.jpg


・神社前の砂浜の上約1m。0.181.
b0237273_0211074.jpg


・神社全景。
b0237273_0264314.jpg

前の写真の砂浜が洞窟手前に見えています。奥の洞窟の中に神社があります。
2つ前の写真の側面にあてて計測した岩は、この写真左側に見える階段の上がり口付近。

・神社と遊歩道をつなぐ階段上部分の岩の上。0.126
b0237273_0235157.jpg


・神社と遊歩道をつなぐ階段上の岩の上の、吹きだまり。0.125。
b0237273_0253540.jpg



<大御神社境内>

・岩の上。0.104。
b0237273_13275251.jpg


・岩の間にたまった茶色い小石や砂。0.110。
b0237273_13284877.jpg



・「さざれ石」と「柱状岩」との分岐点。
b0237273_0281268.jpg


・「柱状岩」。0.132。
b0237273_0293783.jpg


・「さざれ石」。0.085。
b0237273_0302840.jpg



※吹きだまりで若干の線量の上昇が見られるところがあるが、わずか。逆に吹きだまりの方が低いところもある。
また、ここは岩の線量が明らかに周囲よりも高い。
また、「さざれ石」と「柱状岩」で明らかな線量の違いがある。


c.日向市美々津(2012.04.03)

・家の基礎の石の上に排水されている雨どい。0.109。
b0237273_15382326.jpg


・雨どい近くの別な基礎の石の上。0.112。
b0237273_15383314.jpg



・側溝上に排水されている雨どい。0.087。
b0237273_15384876.jpg
 

・雨どいそばの側溝のコンクリート製の蓋の上。0.083。
b0237273_1539364.jpg



・河川敷のアスファルトの上。0.074。
b0237273_15414157.jpg


・河川敷のアスファルトの吹きだまり。0.072。
b0237273_1542385.jpg


・芝生の上。0.066。
b0237273_0105771.jpg


・芝生の上、地上約1m。0.069。
b0237273_0111869.jpg



※雨どい下での線量の上昇は見られない。
※芝生よりも、アスファルト、自然石の上での線量が高い。



d.日向市北町(2012.04.03)
・雨どい下。0.082。
b0237273_15443425.jpg


・近くのアスファルトの上。0.109。
b0237273_1545036.jpg


・アスファルトのすきまからはえた草の上。0.089.
b0237273_1545226.jpg


・側溝の蓋の上。0.099。
b0237273_15454422.jpg


・店内のテーブルの上。0.075。
b0237273_154659.jpg


・近くの畑の土の上。0.086。
b0237273_035296.jpg



※雨どい下、側溝の上などでの線量の上昇は見られない。
ここも土の上よりも、アスファルト、側溝のコンクリートの蓋の上の線量が高い傾向がある。





<考察>
(1)福島第一原発由来の放射性物質による汚染があるか否か。

・以上a~dの4地点における比較では、海に面した岩の上での吹きだまり部分の線量が若干高いほかは、吹きだまりや雨どいの下とそれ以外の場所での差異はあまり見られなかった。
・以上の結果から、日向周辺が福島第一原発由来のセシウムによる汚染はされていないと見られる。


(2)草地・岩場などによる放射線量の違い

・草地の線量にくらべ、アスファルト、自然石、コンクリート上の線量が高い傾向にある。
・セシウムの影響が無いであろうことから考えると、日向における放射線量の差は、地面を構成するものにより左右される傾向がある。公園内などでは、アスファルト通路の線量が草地に比べて高い。
特に、b.の大御神社境内における岩の違いによる線量の差に、それが顕著に出ていると思う。
[PR]
by radi-sokutei | 2012-04-13 03:08 | 宮崎